Portraits of Roses

横浜イングリッシュガーデン(YEG)のバラを中心に様々なバラを紹介します

ビエ・ドゥー Billet Doux

バラ色の人生

 

ビエ・ドゥー Billet Doux

フランス 2010年以前
Delbard 

 

淡いピンクと白の絞り模様。
甘い花姿に似つかわしい名前がついています。

ビエ・ドゥー(Billet Doux)とはフランス語で、「恋文」「ラブレター」のこと。

今、ネットで「恋文」「ラブレター」を検索したら、色々な楽曲や映画、ドラマなどのタイトルとして出てくるけれど、「恋文」で最初に思い出したのは、連城三紀彦氏の恋愛小説『恋文』。
本はもう手元にないけれど、カバーの装幀が白地にきれいなピンクとブルーが使ってあったのが印象的でした。

1984年の第91回直木賞受賞作。40年も前なのか・・・
連城氏もすでに故人ですが、当時、かなり話題になったように思います。
その年の紅白歌合戦の審査員もつとめておられるので、「時の人」という感じですね。
その後流行作家となって、ミステリー作品も多く手がけておられますが、繰り出されるトリッキーな仕掛けに、唸らされた記憶があります。

最初、お名前の字面、レンジョウ ミキヒコという響きから、前髪はらりの白皙の美青年を勝手に思い浮かべてしまいました。

そういえば『恋愛小説家』という映画がありましたが、小説家を演じるのは、ジャック・ニコルソン。
「恋愛小説家」なんていう甘いイメージの真逆にあるかのような人物キャラクターでした。
恋愛経験はないけれど、恋愛小説の大家で、作中では62冊目の本を書き上げるところ。
自己中心的、差別的で、悪意のある物言いをする。脅迫性障害を患っており、不可解なマイルールがたくさんある癖の強い偏屈おじさんとして描かれています。
そんな彼と彼の行きつけのレストランのウェイトレス(ヘレン・ハント)との恋愛物語でした。

脇を固める役者もいいし、マンションの隣人でゲイの画家が飼っている犬(ブリュッセル・グリフォンという犬種)の演技がすごくて、とてもかわいい。


この『恋愛小説家』と、ダイアン・キートンと共演したラブストーリー『恋愛適齢期』は時々見返したくなる映画です。

『恋愛適齢期』のニコルソンは、63歳で結婚経験なし、30歳未満の若い女の子としか恋愛しないというプレイボーイを演じていました。
ニコルソンの容姿は好みじゃないけど、この2本の映画ではとてもチャーミング。

 

バラの話からまた逸れてしまいましたが、このバラ、ビエ・ドゥーは、2017年にオーストラリアに導入された際は、「La Vie En Rose」という名前で紹介されました。

元々は、エディット・ピアフが歌った「La Vie En Rose」。邦題は「バラ色の人生」。

『恋愛適齢期』の中でもルイ・アームストロング版が使われています。エンドロールでは、ニコルソン自らが歌っているのが流れます。

実際に歌うシーンも撮影されていて、いい雰囲気なんだけれど、おそらく映画のテンポや長さの問題で、カットされている。
DVDの特典には入っているし、YouTubeでも見られます。
なかなか素敵な歌声です。

 

 

ストレンジャー Stranger

Hello, Stranger.
ストレンジャー Stranger

オランダ 2000年頃
Olij Rozen B.V.  作出

薄いピンクと白の絞り。
甘めの雰囲気のある花姿だけれど、名前は "Stranger"
ストレンジャーというと、「見知らぬ人、よそもの、他人、訪問者、闖入者・・・」
なんとなくミステリー、ハード・ボイルド調のイメージがして、この花に付けた名前としては、ちょっと意外な感じ。
どんなニュアンスが込められた名付けなのかな、と調べてみるも、由来はわからず。

 

ピンクと白の色味のコントラストが弱めなので、絞りでも印象が柔らかい。
YEGのローズ&シュラブガーデンの木の茂みの下にひっそり咲いていて、絞り模様があるのを見過ごしてしまうところでした。

 

ネームタグに「ストレンジャー」とあるのを見たとき、ふと"Hello Stranger" という言葉が浮かびました。
"Hello Stranger" 記憶の元はなんだろう・・・と検索してみたら、1963年にバーバラ・ルイスが作詞作曲した "Hello Stranger" という曲がありました。
色々な人がカバーもしている 。
内容はこんな感じ ↓

ハロー ストレンジャー 久しぶりね。
あなたがまた戻ってきてくれて嬉しいわ。
どのくらいぶり? ずいぶん時が経ったように思う。
挨拶に立ち寄ってくれて、とても嬉しい。
昔を思い出したわ。
本当に長い年月が経ったように思う。
あなたがまたここに来てくれて嬉しいわ。

もしまた去っていくなら、昔のように私をかまったりしないで。
私はまだあなたを愛しているから・・・

 

メロウで懐かしい感じ。
こういう昔の歌をYouTubeで検索すると、コメント欄に、「亡き母(父)が、好きだった曲」などと書き込みがあって、いつも口ずさんでいたとか、一緒にこの曲で踊ったとか、短いエピソードが書かれていたりする。
なんだか映画のワンシーンみたいな光景を想像してしまう。

 

この曲には覚えがなかったけれど、映画かドラマで、"Hello, stranger." と呼びかけるシーンを見たような気がしてきて、調べてみたら、「クローサー」という映画で、ナタリー・ポートマンがジュード・ロウに言う印象的なシーンが YouTube にあがっていました。

この映画、多分見損なったかして、それまで行ったこともなかった場末の映画館で一人で見たんだけれど、パラパラしかいない観客の雰囲気も映画を見にきていると言うより、時間潰し? なんだか怖くて、場内が暗くなって、なおさら、ここで見るのはやめればよかった、と後悔しました。
そのことはすごくよく覚えているのだけれど、肝心な映画の内容はあまり記憶になく・・・でも YouTubeで見直した、"Hello, stranger." のシーンは鮮烈。それが記憶の底に残っていたのかな?

 

ずっと音沙汰がなかった人、あまり訪ねて来ない人に向かって、「久しぶりだね」という意味で、 "Hello, stranger." と言うのは、ちょっとおどけた、ユーモアのある言い方に思えます。

時には、ちょっぴり皮肉を含んだ言い方にもなるのかな?
バーのママとかが言う、「ずいぶんと、お見限りですこと」みたいなニュアンス。

 

だけど、初対面の人に "Hello, stranger."と言うと、
「こんにちは。見知らぬ誰かさん」・・・

それが様になって、決め台詞のようになるのは、とびきりの美人が言うからでしょうね。

 

次回はまた別の白とピンクの絞りのバラを紹介したいと思います。

 

ニュー・イマジン New Imagine

降りてくる
ニュー・イマジン New Imagine

フランス 2004年
Francois Dorieux II 作出

 

写真は、たまたまの光線ですが、「天の導き」?
楽曲とかが、突然ひらめく「降りてくる」みたいな雰囲気。

 

花名は「イマジン」だけど、ビートルズのポール・マッカートニーが「イエスタデイ」を作った際、朝目が覚めた時に頭の中にすてきなメロディーが流れていて、初めは誰かの曲だと思って、色々な人に聞かせてみたけれど、知らないというので、ついには自分が作った曲だと悟った、というエピソードは有名ですね。

これまでの人生で、「降りてきた」と感じるような出来事がなくはないけれど、ほとんど、ささやかなものでした。

多分、潜在的に「そのこと」をずっと意識しているから、ある瞬間に色々なことがつながり、まとまって、「降りてくる」という状態になるんでしょうね。

 

光線の加減もあるけれど、苺ミルクの苺が十分つぶれて、ミルクが苺色に染まったみたいな感じ。

 

絞りの入り方が一輪ずつ違って、赤と白の比率が違うのが面白い。

バラ愛好者の中には、「絞りのバラ好き」という方もおられますが、庭中のバラが絞り模様だとまとまらなくなりそう。

たまに、洋服のコーディネイトで、柄on柄ですごくセンスの良い着こなしというのがあるから、ひょっとしたら、絞り模様やスポットが入るバラを集めたユニークなお庭がどこかにあるかも?
そんなお庭があったら、見てみたいな〜

 

モチーフ Motif

モチーフ編みのように
モチーフ Motif

日本 2016年
河本麻記子 作出

 

作出者の河本麻記子氏は、子供の頃からの手芸好きで、バラのお仕事の合間には、刺繍やレース編みなどを楽しんでおられるそう。

そんな、河本氏が立ち上げた自身のブランド「ローズドゥメルスリー(手芸屋さんのバラ)」のバラ。

 

レース編みなどで、小さな円形や花形などを編んで、それをいくつも繋げてストールやバッグに仕立てたりする、その小さな円形や花形の一つ一つをモチーフと呼びます。

このバラは、そんな花モチーフをつなげたイメージで名付けられたのでしょうか。

 

クシュクシュした花姿、控えめな優しい感じ。
このバラを見た時すぐに、これはもしかしたら、河本麻記子さんのバラではないかな・・・と思いました。

撮影した日が、強い雨が降った後、前日は曇りで低温だったのに、晴れて急に気温が上がったタイミングだったので、花がちょっとしなだれ気味です。
本来はしっかり開花すると、下の写真のように金色のシベが見えて、花が一つ一つはっきりするので、よりモチーフ編み感があるかもしれません。

バラだけど、草っぽい感じがして、他の草花とも馴染みそうな雰囲気。

YEGでは、同系色のクレマチスと一緒に咲かせていました。

ローズドゥメルスリーのバラは、切り花として飾るのも良さそうです。
萎れかけてきても風情があるから長く楽しめそうだし、主張しすぎないので、他の草花と合わせてもいい雰囲気になりそう。
そんな楽しみ方をできるのは、庭で育てている方の特権でしょうね。

 

ラ・ブロッシュ La broche

手芸屋さんのバラ

 

河本麻記子氏のブランド「ローズドゥメルスリー」のバラ。

ラ・ブロッシュ La broche

日本 2020年
河本麻記子 作出

 

YEGのローズ&グラスガーデンを囲む板塀に配されています。

 

ゴールドベージュとでもいうのか、なんともおしゃれな色味。
この優美な姿にしびれました。

作出者の河本麻記子氏は、バラ育種生産会社・河本バラ園に嫁がれ、最初は会計など事務の仕事をされていたそうですが、義母の育種家である河本純子氏のお仕事を見て、自分も育種家になりたいと思い、40歳から義母について学び始めたそうです。

その後、ローズドゥメルスリーという自身のブランドを立ち上げました。
ローズドゥメルスリーとは、「手芸屋さんのバラ」という意味で、パリの手芸屋さんのアンティークレース、リボン、糸、ボタン、ビーズなどをイメージしたバラを次々と発表されています。
繊細で、ニュアンスのある色合いのバラ。今時のオシャレ感が漂っています。

 

このバラは、ブローチ(フランス語でブロッシュ)のような花が房で咲くので、「ラ・ブロッシュ」と名付けたそう。

若い頃は、ブローチって、ポップなデザインのものは別として、おばさんアイテムだと思っていました。でも、実際におばさん年齢に近づいた頃から、ブローチっていいな〜と思うようになりました。

年をとると指輪はサイズが合わなくなってくるし、ネックレスは重く、煩わしく感じる。
イヤリングは耳が痛くなるし、今更耳に穴を開ける気もしない。
そもそも金属アレルギー気味なので、ただでさえ弱りめの肌に余計な刺激を与えたくないし。
その点ブローチなら問題なし。

以前、仕事関係でお世話になった、年齢が一回りほど上の女性二人と会食した時に、二人ともジャケットを羽織り、襟にそれぞれ奇抜ではないけれど、アート作品のようなブローチをつけていました。
そのブローチが、中に着ているブラウスやストールの色味とゆるやかに連動していて、とてもかっこよかったんですよね。

あと、昔のイギリスドラマで、ミス・マープルとかがブラウスの襟元をブローチでとめていたりするのもすてきに思えてきました。これは、いい感じに真似するのはなかなか難しいけれど。

近頃は改まった場所に行くこともほとんどないし、着ていて楽というのが最優先の服選びだけれど、なで肩だからカーディガンではどうも決まらない。
ジャケットをカーディガン感覚で羽織れるようになれるといいな・・・なんて思っています。
で、そんなジャケットの襟につけるような気の利いたブローチを探してみようかと。

一方、小学生の時に買ってもらった花籠とてんとう虫の二つのブローチも現役復帰させました。自己満足だけど、遊び心で2、3個組み合わせて、セーターにつけたりするのも楽しい。


そして、これも10歳くらいの時。子供がするものではないと言われたのに、無理を言って祖母に買ってもらった、青味がかった緑の透明なガラスパーツとすりガラスパーツで構成されたヴィンテージ風ブローチ。
キラキラして、とてもきれいで、眺めているだけでも幸せだったのに、いつの間にか、見当たらなくなってしまった。
あれは、どこへ行ってしまったんだろう・・・時々思い出しては懐かしんでいます。今なら、年相応になったのに残念だな〜

かつて少女だった人なら、無くしてしまったブローチの思い出を持っている人が結構いるんじゃないかな?

乙女の日々は遠くなったとしても、リボンやレース、ボタンやビーズって、見ていると気分が上がりますよね。乙女心は不滅です。
そんな不滅の乙女心に、河本麻記子氏が作り出すバラが響いてきます。

次回も、ローズドゥメルスリーのバラをご紹介します。

 

ショウミー・サンシャイン Showmee Sunshine

あなたは、私の太陽

 

ショウミー・サンシャイン Showmee Sunshine

アイルランド 2005年以前
David Kenny 作出

 

前回、YEGには個性的なベンチがいくつかあると書きました。
このバラはローズ&シュラブガーデンの黄色いバラのエリアにある、青いベンチのすぐ横に植えられています。
4月はベンチが遠くからも見えます。

 

5月になると葉陰に。

1ヶ月ほどでこんなに変わる。4月、5月は本当にミラクルでマジカルな季節です。

 

このバラの名前、「Showmee Sunshine 」は、Show me sunshine. なら「私に太陽の光を見せて」という意味になるかと思うのですが、 mee と「e」が2つつくと違うニュアンスになるのでしょうか?
前に取り上げた、「ダーク・チェリー・パイ」「アイ・オブ・ザ・タイガー」の作出者のクリス・ワーナー氏作出のバラにも「Showmee Dansing(1999年)」「Showmee Music(2005年)」というバラがあるんです。「mee」って何? 気になる・・・

 

咲き進むと、花びらがそり返って、子供が描く太陽みたいな形になります。

YEGのこのベンチ脇は少し日陰になるような暗めの場所ですが、暗がりでも黄色が鮮やか。小ぶりの花ですが、目を引きます。まさに「サンシャイン」という感じで、青いベンチともマッチしています。

「サンシャイン」というと、思い浮かぶのが、"You are my sunshine"という歌。
子供の頃に聞いてからずっと「あなたは私の太陽」と陽気に歌う楽しい曲だと思い込んでいたのすが、ある日、歌詞を知って、びっくりしました。

聞き慣れている部分はオリジナルの二番なのでした。二番の歌詞はこんな感じ。

「あなたは、私の輝く太陽。私にとって唯一の太陽。あなたは、私を幸せにしてくれる。空が灰色の時に。あなたは決して知らないでしょう、愛する人よ。私がどんなにあなたを愛しているかを。お願いだから、私の太陽を持っていかないで」

一、三、四番の歌詞をざっくりまとめると、
一番「ある夜、愛する人を腕に抱いている夢を見た。けれど、目が覚めたらそれは勘違いだった。私はうなだれて泣いた。」

三番「私はあなたをいつも愛し、幸せにするだろう。あなたが私と同じように言ってくれさえすれば。けれど、あなたが他の人を愛するために私を置き去りにするなら、あなたはいつか、全てを後悔するだろう。」

四番「あなたは、かつて私を本当に愛していると言った。二人を分つものは誰もいないと。なのに、私を置き去りにして、あなたは他の人を愛している。あなたは私の全ての夢を打ち砕いてしまった」

歌詞だけ読むと悲しい歌です。それに、ちょっと怖い。

YouTubeで、Jimmie Davis のオリジナルを聞くと、あっけらかんと明るく歌っていて、恨み節には全然聞こえません。

他にも色々な人がカバーしていて、Jasmine Thompson が歌うのはものすごく哀切な感じ。Christina Perri のは透明感があって、スウィート。Music Travel Loveというカナダの兄弟デュオのもいい雰囲気。

アレンジや声質で同じ歌でもイメージがすごく変わる。
女性ボーカルの歌を男性が歌うのをきいたら、その歌を持ち歌にしてる女性歌手の容姿・言動や人物周辺に関するもろもろが霧散して、歌詞がダイレクトに心にしみたことがあります。カバーって面白いですよね。

バラから思わぬ横道へ入ってしまいました。

世界のどこかのだれかの庭で、小さなバラの太陽が心のうちに光を届けているかもしれません。

 

ロゼ・ダンジェ Rose D'ange

ロゼワインはいかが?

 

かわいらしい小花。

ロゼ・ダンジェ Rose D'ange

日本 1996年
河合伸志 作出

YEGのローズ&ハーブガーデンに配されているバラ。

大きな鉢にハーブのタイムと一緒に植えられています。

名前は、作出者の河合伸志氏の友人がワインにちなんで名付けたそうです。

お酒はほとんど飲めないので詳しくないのですが、Rose D'ange (ロゼ・ダンジュ)というのは、フランスのロワール地方のアンジュ地区で生産されるロゼワインのことを言うそうです。
フランス三大ロゼワインの一つで、後の二つは、プロヴァンスとタヴェル。

ロゼ・ダンジュは、グロロ種というブドウをメインして作られ、透明感のあるサーモンピンク色。やや甘口でベリーなどのフレッシュな果実味を感じさせる爽やかな飲み口だとか。
ワインを飲みなれていない人にも受け入れやすいとありました。

フランスでは、2000年代に入って、ロゼワインの消費量がどんどん増えていき、今では、白ワインを抜いて赤ワインに次ぐ消費量になっているのだそう。
ロゼの人気の理由としては、どんな料理にも合わせやすい、熟成の時間が少なく比較的安価である、特に若者に人気があるのは、インスタ映えするから・・・
またロゼ消費国第二位のアメリカでは、健康志向、ヴィーガンやオーガニック市場の広まりなどから人気が出たと考察されています。

日本ではロゼは桜の季節に合わせて飲んだりするそうですが、フランスでは、夏こそロゼ。
ヴァカンス先の海沿いのレストランやホテルのバルコニーで、よく冷やしたロゼワインを海を眺めながらいただく・・・おしゃれですね。

 

自分には縁がないな〜と思ったけれど、そういえば、イタリアのチンクエテッレの海岸のレストランはシチュエーションばっちりでした。
同行者二人は飲める人。ご当地特産のデザートワイン「シャケトラ(Sciacchetrà)」を注文したのですが、一見普通の白ワインが供されました。一応ごく少量だけど、私も神妙に味わってみたんですが・・・

あとで、やっぱりあれは違うのでは?ということになり、バールに入り直したところ、シャケトラ飲み比べセットみたいのがあって、出てきたのは色からして全く別物でした。
レストランでは、発音が難しくて通じなかったみたい・・・
海沿いの断崖のような斜面の畑で育てられたブドウの独特な風味がある、琥珀色で甘くてコクのあるワイン。

イタリア人でもお酒もコーヒーも飲まないという人がいると思うけれど、レストランで、食事中にワインも飲まず、食後のコーヒー(苦手)もいただかないというのは、締まらないというか、食事として不完全というか・・・お子ちゃま感が。
日本ではお酒を飲みたいとも思わないけれど、外国に行くと、飲めないのがちょっと残念な気がします。

 

後ろのベンチも絵になりますね。
YEGにはいくつか個性的なベンチがあって、撮影スポットにもなっています。

この鉢に植えてあるバラは、少し遅咲きの印象。
こんなふうに小花のバラとハーブを一緒に鉢に植え込むのもいいですね〜
ベランダでも楽しめそうです。